読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテるカラダの作り方

時間がなくても理想の身体になりたい。そんなあなたのためのトレーニング、栄養戦略、サプリメント、器具を紹介します!

セックス(オナニー)と筋トレを語る上では「亜鉛」の存在は欠かせないようです。

こんにちは、シトルリンです!

 

みなさん、筋トレとセックスやオナニーの関係性については気になりますよね。

 これはどうやら日本のみならず、世界中における関心ごとのようです。

 

sexと筋トレに関する英文記事も多数見受けられました。

 

最初に言っておきますが、あくまで私が見た限り、どの記事でも

適度なセックスは筋トレに悪影響を及ぼすことはない

と結論付けています。

 

セックスが筋トレに及ぼす影響に関してはいくつかの記事で言及しています。

 

今日はその中で、海外記事のほとんどでも言及されている「亜鉛」についてお話できればと思います。

  

 

まずはじめにミネラルの一種である亜鉛には次のような役割があります。

 

①生体内の酵素反応の補助因子として働く。

②遺伝子情報を伝達し、たんぱく質合成を促す。

③新陳代謝を高める。

④細胞の酸化を防ぎ、免疫力を上げる。

精子の形成や性ホルモンの分泌をサポートする。

⑥下の新陳代謝を補助することで味覚を正常に保つ。

 

これを見るだけで亜鉛が生体にとっていかに大事であるかがわかります。

②、③の役割に関しては直接的に筋トレやダイエット、美容に効果がありそうですし、⑤も間接的にそれらにとっての重要な役目がありそうです。

 

身体の中の栄養分は一箇所にとどまり続けることはほとんどありません。

必要に応じて身体のあらゆる箇所に派遣されていきます。

 

射精することで多くの亜鉛が体外に排出され、さらにテストステロン値が減少します。

 

そうするとまた精子を作らなくてはいけませんし、テストステロンを正常値まで回復させる必要があります。(テストステロン値は5-6時間で元レベルまで回復すると言われています。)

 

よって身体中の亜鉛がそれらのために、動員されるわけです。

 

実際には普通の食事をしていれば、亜鉛不足はほとんどありえませんが、身体の亜鉛が少なかった場合、他の仕事が追いつかなくなるかもしれません。

 

亜鉛を摂取するコツ

動物性たんぱく質(肉、魚、牛乳、ホエイなど)は亜鉛の吸収を高めてくれます。

またクエン酸やビタミンCと一緒にとると亜鉛の吸収が促進されます

 

亜鉛が多く含まれる食べ物の代表に牡蠣、うなぎ、納豆などがあります。

 ですから夏になると生牡蠣と一緒にレモンを出す居酒屋がありますが、亜鉛の吸収という観点では非常に理にかなっていると言えます。

 

しかし、牡蠣はそう多く食べるものでもありませんので、亜鉛の摂取にはサプリメントが手軽で良いかもしれません。

 

 私自身セックスをした日は必ず亜鉛をとりますが、亜鉛をとるかとらないかでその後や次の日の身体の重さがまるっきり変わってきます

 

オナニーをしてしまって筋肉に悪影響なのでは?と思っている方はぜひ亜鉛を摂取してみてください。

 

 ですが、亜鉛は取りすぎには注意です。

銅の吸収障害を招き、銅欠乏性貧血を引き起こす可能性があります。

 

くれぐれもサプリメントの摂取を守り、正しく性生活を送りましょう。

 

以上、シトルリンでした!