読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテるカラダの作り方

時間がなくても理想の身体になりたい。そんなあなたのためのトレーニング、栄養戦略、サプリメント、器具を紹介します!

セックス(オナニー)するなら筋トレ前後どちらがいいの?悪影響は?

こんにちは、シトルリンです。

 

三大欲求の一つである性欲、英語で言えばリビドーです。

特に男性の方は片手があれば処理できてしまうので、抑えることがなかなか難しいですよね。

 

そのためか、筋トレに対するセックスの影響はみなさんの大きな関心ごとのようです。

 

まず最初にみなさんを安心させるとすると、射精で筋肉が減るということはほとんど考える必要がありません

 

ミクロ的な視点で見るともしかしたら、多少の減少はあるのかな?というレベルです。

我々一般トレーニーはほとんど考えなくて良いくらいだと思います。

 

では我々が気にするべき射精の影響とは一体なんでしょうか。

 

それは射精直後のテストステロンの低下です。

テストステロンは筋肉の成長や精子の生成を担っています。

さらに、テストステロンはそれだけでやる気やパフォーマンスに影響します。

よって全身のテストステロンが減少すると、トレーニングの内容の低下を招く恐れがあるということです。

 

ですからこれから筋トレというときは我慢して、トレ後に性欲を発散させるほうがよいかもしれません。

 

また、トレ前に射精しないほうが理由がもう一つあります。射精直後にはプロラクチンおよびオキシトシンというホルモンが分泌されます。

 

これらのホルモンは射精後に賢者タイムを引き起こし、強烈な眠気を誘います。

この状態でトレーニングに集中するのはかなり難しいと予想されます。

 

このホルモン状態はおよそ5-6時間で回復すると言われていますので、少なくともトレーニング前は5-6時間空けたほうが良いかもしれません。

 

最後に、射精では大量の亜鉛が体外に排出されることを忘れてはいけません。

この亜鉛は筋トレのみならず全身の新陳代謝にも大切な微量栄養素ですから、出してしまったときは摂取するように心がけましょう。

 

 

出してしまったとしても必要な栄養を摂取できており、なおかつ亜鉛サプリメントを補給すれば、オナニーは筋トレにとって悪影響であるとは言えません。

 

ただ何事もほどほどが大切ですから、ほどほどにリビドーを開放して、トレーニングも頑張っていきましょう。

 

以上、シトルリンでした!