読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテるカラダの作り方

時間がなくても理想の身体になりたい。そんなあなたのためのトレーニング、栄養戦略、サプリメント、器具を紹介します!

本当にモテたいなら筋肉だけじゃダメよというお話

こんにちは、シトルリンです!

 

久しぶりの更新となってしまいました。。。

 

今日はこのブログのテーマである

「モテる」

ということに関して語らせてください。

 

さてこの記事を読んでくれてる方の中にもモテたくて筋トレしてる人がいるのではないでしょうか。

かくいう私もその1人でして。

 

だって海外のフィジーカー達を見ると本当にカッコ良いですよね。

フィジーカーではないですが、私はカナダ人のMarc Fittさんに憧れてトレーニングを始めました。

そして今でも最高の目標です。

 

あれだけ相当ハードにトレーニングを行って、あの肉体を作れば女の子も寄ってくるんじゃないか

と妄想が膨らみますよね。

 

これはお分かりの通り飛んだ勘違いです。

特に日本に限ってはですね。

 

日本の女の子が好きなタイプを考えてみると

清潔感があって細身で適度におしゃれな人

といったところです。

 

みんな大好き、私も大好きなAAAの西島隆弘さんは170cm、50kgしかないんですって。

 

ネット上ではこういう細身の人を見て

こんなヒョロガリワンパンだ

とか

こんなのオカマだ

とか言って蔑みます。

 

でも女性は圧倒的に皆様が言われるところの

ヒョロガリやオカマが好きなんです。

 

ところで、このモデルさん全然可愛いと思わないけど、女子ウケすごくいいなって方たまにいませんか?

そういうモデルに憧れる女性の方を見て、私は今まで

「どうして男からモテるような女性じゃなくて、このモデルさんを好きなんだろう」

と思っていました。

 

でも逆に考えるとフィジーカーに憧れる私は女性から見るとまさにそういう状態だったのです。

ジャニーズやにっしーに憧れればいいのにと女性は思っていたことでしょう。

 

そんなこと言うと

「じゃあもう諦めろってのか?」

と聞こえてきそうですね。

 

そんなことは一切言いませんが、おしゃれする努力や美容室に行くことを面倒臭がらないでください。

筋肉があればモテるのは幻想です。

 

見た目に清潔感があって髪型が整ってて服も程よくおしゃれな人が

初めて女性から好かれるかどうかの土俵に立てるんです。

 

そしてよくよく見てみると手を伸ばした時のさりげない三頭筋や

暑い時にシャツのボタン少し外すとたまたま胸筋がすごかったという時に女性はセクシーさを感じるのです。

 

このさりげなさやたまたまが大切なんです。

 

この土俵に立つことを度外視して

男は黙ってピチピチTシャツ

ということを貫いては少なくとも女性からはモテにくいということです(もちろんそれが好きな女性もいます!)。

 

ですからみなさんも

普段はおしゃれな感じだけど、実は裏ではストイックに追い込んでる。

 

こんな生き方が男性から見ても女性から見ても最高にかっこいい生き方だと私は思います。

 

忙しくて記事ネタを吟味できていなかったので今日はこんな感じの雑談ブログにしました。

明日以降また頑張って筋トレネタ書きます。

 

言うの忘れていましたが、私はぜんぜんモテないのでご安心を。

 

以上、シトルリンでした!