読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテるカラダの作り方

時間がなくても理想の身体になりたい。そんなあなたのためのトレーニング、栄養戦略、サプリメント、器具を紹介します!

本当に腹筋を割る方法!なら脂肪を落とすだけじゃダメ!

トレーニング

こんにちは!シトルリンです!

 

モテるカラダと聞いて一番最初に思い浮かぶものはやはり割れた腹筋なのではないでしょうか?

 

そしてこんな話を聞いたことありませんか?

 

「腹筋を割るためには脂肪を落とすことが最重要。そしてBIG3のトレーニングをしていると勝手に鍛えられる。」

 

この話は100%ホントなのですが、間違いなんです。

 

「お前は何を言ってるんだ?」

 

聞こえてますよ。

 

ひとつめ。腹筋を割るために最重要なのは脂肪を落とすこと。

これに関しては完全にその通りでございます。

腹部の筋はいくつかの筋で構成されているのですが、あの割れた形は腹直筋という筋肉です。

 

腹直筋はもともと腱画という繊維でいくつかに分かれています。

そのため、極限まで脂肪を落とすことで腹直筋が露出してお腹が割れるという仕組みです。

 

 

それではふたつめ。腹筋はBIG3トレーニングをすると勝手に鍛えられる。

これも正解です。

BIG3デッドリフトやスクワットを高重量で行うためには、安定した体幹の制御が不可欠です。

体幹を安定させるためには腹筋と背筋の共同収縮が必要なんです。

ですから、体幹筋が鍛えられるんですね。

 

 

よって「カッコいい腹筋を作るためには脂肪を落としてBIG3をやればいい。」

ここなんです!

ここが完全に正解と言えないんです!

 

少しお勉強しましょう。

 

f:id:citrulline08:20170126231409p:plain

ヒューマン・アナトミー・アトラスより引用

 

字が汚いのはご愛嬌です。

腹直筋は下部肋骨から出発し骨盤の恥骨という場所に付着しています。

股の付け根の硬い骨の部分が恥骨です。

 

つまり、腹直筋が収縮する(力が入る)と肋骨と恥骨が近づくような動きになります。

言い換えれば腹直筋のメインの役割は2つの骨を近づける(お腹を丸める)ことなんです。

 

確かにBIG3をすれば腹直筋も動因されます。

しかし、色々な報告はあるのですが、BIG3で動因されるメインは腹横筋というインナーマッスルではないかと言われています。

 

筋肉を成長させるための基本的原則として

「過負荷の原則」「漸増性の原則」

というものがあります。

 

難しく書きましたが要するに

筋肉にしっかり刺激を与え、負荷を徐々に上げましょう

ということです。

 

これは常日頃あなたが行っている前回のトレーニングより少しでも重い重量を扱うことや回数を一回でも多く行うことで達成されます。

 

腹筋も同じなんです。

前回よりも一回でも多く腹筋運動を行ったり、腹筋マシーンを使うなら前回でも1kgでも重い重量を扱うことで筋肉が大きくなるのです。

 

話がそれすぎました。

私の経験上、体脂肪率が9%以下であればBIG3トレーニングのみで大丈夫です。

しかし、ほとんどの一般人は体脂肪率が低くても12%程度でしょう。

 

このくらいだとBIG3を行ったくらいの負荷ではほとんど割れません。

 

ですからしっかり腹筋トレーニングも行ったほうが良いというのが今日言いたかったことです。

 

 

長くなりましたのでまとめます!

・腹筋を割るためには徹底的に脂肪を落とす。

・腹直筋をしっかり割りたいなら腹筋のトレーニングもかかさずに!

 

ということです!

腹筋トレーニング方法はまた他の記事で!

以上、シトルリンでした!